虫歯治療

初期の虫歯治療

該当進行度

  • C1

    表面のエナメル質が少し溶けた状態。痛みなどの症状はまだありません。

  • C2

    エナメル質の下にある象牙質まで進行した状態。冷たいものや甘いものを食べると、痛みを感じたりしみたりします。

治療法

  • 虫歯部分を削る

    虫歯以外の部分を削らないよう、細心の注意を払って削っていきます。

  • 詰め物をする

    削った部分に人工物の詰め物を入れます。保険適用の場合はプラスチック樹脂や銀、自費診療の場合はセラミックなどがあります。

  • 形を整えて完了

    向かい側の歯との噛み合わせを考慮して形を整えていき、治療完了です。

中期・後期の虫歯治療

該当進行度

  • C3

    虫歯が神経(歯髄)にまで進行しており、激しい痛みを伴います。神経を取り除く必要があります。

  • C4

    歯冠部がほとんど残っていない状態。神経が死んでいると痛みは感じません。炎症が発生する恐れがあり、抜歯せざるを得ないケースが多いです。

治療法

  • 虫歯・神経を除去

    虫歯がこれ以上進行しないように取り除きます。神経も綺麗に取り除きます。

  • 薬を詰めて土台を立てる

    空洞になった部分に薬を詰めて歯の中を洗浄し、被せ物のための土台を立てます。歯の根に異常がある場合は、根の治療も合わせて行います。

  • 被せ物をする

    土台の上に被せ物をして治療完了です。保険適用の場合は銀、自費診療の場合はセラミック、金などがあります。