設備紹介

セレック

「セレックシステム」は、3D光学カメラでお口の中を撮影し、
そのデータをもとにコンピューター制御で修復物(詰め物・被せ物)を設計・製作する歯科用機器です。
従来、セラミックの修復物は歯型をもとに歯科技工所に依頼して作製してもらう必要がありました。ところが、セレックシステムはその必要がなく、1回の通院で補綴物の作製からセットまで完了させることができます。審美性に優れたセラミックの詰め物・被せ物を、経済的かつ非常にスピーディーに手に入れることができるのがセレックの特徴です。

※症例により型取りが必要な場合もあります。

歯科用CT
【3D(3次元)レントゲン】

2次元(平面)のレントゲン画像では判別できず診断しにくかった症状でさえ、3次元(立体)画像で正確に患部をとらえ原因究明ができるようになります。

歯科用レーザー

大切な歯を残す(治療)、守る(予防)には、歯科用レーザーは必須です。
お子様の乳歯から、大人の永久歯まで幅広く活躍いたします。

電動注射器をはじめとした
無痛治療関連機器

電動注射器を使い、極力痛みがない麻酔をおこないます。
その他にも、痛みを最小限に抑える治療方法を取り入れております。痛みに弱い方もぜひご相談ください。

顕微鏡

顕微鏡を使い、お口の中のむし歯、歯周病のリスクを、悪くなる前にチェックすることも可能になりました。

口腔外バキューム

歯科の治療では、歯や詰め物・被せ物をドリルで削るときに大量の「歯科飛沫(ひまつ)」が発生しています。このような「歯科飛沫」にはむし歯に感染した歯質なども含まれているため、患者様が吸い込んだり、顔面に付着したりしたら、感染症や院内感染のリスクも考えられます。
口腔外バキュームはこうした歯科飛沫を吸引して感染症や院内感染を防ぎ、よりクリーンな院内環境を実現します。

ハンドピース滅菌器

治療に使用するハンドピース(歯科用ドリル)は、欧州を中心に広く普及しているコンビネーション型滅菌器DACユニバーサルを使って洗浄から滅菌まで一貫した管理の下行っています。
DACユニバーサルは、手洗いでは難しいハンドピース内部の洗浄から、注油、クラスSの滅菌までを自動で行うことができる設備です。
ヒューマンエラーのリスクを可能な限り軽減し、常に良好なコンディションのハンドピースで治療に望めるように細心の注意を払っています。

高温高圧滅菌器

治療に使用する器具類はオートクレーブ(高温高圧滅菌器)と呼ばれる設備を使って洗浄・滅菌処理を行います。
オートクレーブ(高温高圧滅菌器)は、高温の水蒸気を発生させることで130℃を超える高温高圧の環境下で治療に使用する器具類を洗浄・滅菌することができる設備です。高温高圧で処理することで、煮沸よりも効率的に感染症のリスクがある微生物を除去することができます。

滅菌済みハンドピース

ハンドピースをはじめとする治療器具は、1人用にパッキングを施した上で高温高圧滅菌器の処理をしています。個装を開封するのは使用直前とし、治療に使用する器具を常に清潔に保てるように細心の注意を払っています。
一つひとつのハンドピースと基本セットを滅菌バッグに個包装することには多くのコストと時間がかかってしまいますが、患者様に安心して通院していただけるように管理を徹底しています。