矯正歯科

矯正歯科治療の目的

見た目を綺麗にしたい、という理由で矯正を始める方が多いですが、歯並びが悪いことで歯みがきがしづらくなり、虫歯や歯周病になるリスクが高まると言われています。また、噛み合わせが良くないと、一部の歯に負担が大きくかかってしまい、歯が抜けやすくなります。

歯並びを綺麗にすることは、見た目を綺麗にするだけではなく、こういったリスクを回避することにもつながり、結果的に歯を長持ちさせることにつながるのです。

歯並びを整えるメリット

  • 歯磨きがしやすくなり、虫歯や歯周病を予防できる
  • 噛み合わせの改善・維持・回復につながり、顎関節症などの予防になる
  • 見た目のコンプレックスがなくなり、精神的に前向きになったり明るくなったりする

矯正っていつから始めるの?

  • 小児(混合歯列期)矯正=Ⅰ期治療(骨格矯正)→ 3歳~12歳(永久歯に全て生え変わるまで)
  • 成人(永久歯列期)矯正=Ⅱ期治療(歯列矯正)→ 約12歳~成人(永久歯に全て生え変わってから)

小児矯正は、顎の骨のバランスや大きさを整える骨格矯正を行っています。
成人矯正は、歯の位置を整える歯列矯正を行っています。
特に、小児矯正は顎の骨がまだ柔らかく、これから成長していくお子様だからこそできる治療です。
さらに、小児矯正で顎の骨を整え、永久歯がしっかり並ぶスペースができれば、成人矯正をする必要が無くなるか、あるいは部分的な矯正で済んでしまうケースが多いです。

つまり、混合歯列期の間に小児矯正を行った方が、治療期間が短く済みます。

ただ、成人矯正から始めて頂いたとしても、しっかり綺麗に歯が並ぶまでサポートさせて頂きます。

矯正歯科治療の流れ

  • STEP1. ご相談:無料

  • STEP2. 検査:50,000円

  • STEP3. 診断:無料

小児(混合歯列期)の矯正

小児矯正ってなぁに?

 受け口(反対咬合)や出っ歯(上顎前突)など、骨格が原因となる症状は、骨が柔らかい年齢から開始する、あるいは顎の骨が一番成長する時期に行うことによって、成長を補助する役割が発揮されます。

  • 小児(混合歯列期)矯正の流れ

    混合歯列期の治療(1期治療)

    6歳ごろ~

    1期治療

    開始時期は歯並びによって大きく異なる。
    通院頻度は1~2か月に1回程度
    保定期間は半年~2年くらい

    経過観察

    無料
    通院頻度は1年に3回くらい

    永久歯列の治療(Ⅱ期治療)

    12歳ごろ~
    通院頻度は1か月に1回
    期間は半年~1年半くらい

    保定

    無料
    通院頻度は1年に3回くらい
    期間は2年以上

どんな装置をつけるの?

拡大床(取り外し可能な装置)

上下の顎の幅を拡げて永久歯の萌出スペースを作る装置です。
装置の中にネジが埋め込まれており、ネジの力で顎や歯列を拡大していきます。

リンガルアーチ(取り外し不可な装置)

受け口の改善や歯の生える隙間を作る装置です。
歯の裏側から金具をつけて、歯を動かしたり、その位置で固定したりします。

ヘッドギア(取り外し可能な装置)

首にかける帯と、口の中に着ける金具を組み合わせて着ける装置です。
奥歯を後方へ引っ張り、歯の位置や顎の成長をコントロールします。主に、上あごの成長をコントロールし、出っ歯(上顎前突)などの治療に用います。睡眠時のみ装着します。

マルチファミリー(取り外し可能な装置)

乳歯のお子様の受け口(反対咬合)を改善する装置です。
3歳くらいの反対咬合を改善する機能的顎矯正装置です。使用することによって、筋肉のバランスを整え、顎が正常に成長するように促します。睡眠時の装着が効果的です。

成人(永久歯列期)の矯正

成人矯正ってなぁに?

悪い歯ならびや噛み合わせを、しっかり噛み合うようにして、きれいな歯並びにする治療です。矯正装置を通じて 歯や顎の骨に力をかけてゆっくりと動かして、歯並びと噛み合わせを治していきます。

  • 成人(永久歯列期)矯正の流れ

    永久歯列の治療

    通院頻度は1か月に1回くらい
    期間は半年~3年くらい

    保定

    無料
    通院頻度は1年に3回くらい
    期間は2年以上

どんな装置をつけるの?

ブラケット装置(取り外し不可な装置)

歯に接着させたブラケットと呼ばれる小さな装置に通されたアーチワイヤーの力で、少しずつ歯を動かして、歯並びを整える装置です。現在、歯列矯正で多く使用されている装置です。
金属製、セラミック製、プラスチック製など様々な材料でできたブラケットがあります。当院では、一番目立ちにくいセラミック製のブラケットを使用しているため、わりと目立ちにくく矯正治療を進めて頂くことが可能です。

マウスピース矯正(取り外し可能な装置)

ワイヤーやブラケットを使用しないで、透明なマウスピースを用いて歯を動かす矯正装置です。毎日20時間以上(種類に異なる)の装着が必要で、定期的に形の異なる新しいマウスピースに交換して歯を移動させます。
約0.2~0.8㎜の透明なカバーで歯を覆っているため、周囲からは目立ちにくい事が特徴です。

トレーニング

MFTってなぁに?

MFTとは、ORAL MYOFUNCTIONAL THERAPY:口腔筋機能療法の略で、不正咬合の原因でもある舌癖や、口腔習癖の改善、口呼吸によるドライマウス(口腔乾燥症)の改善などを目的に、様々なトレーニングを行います。

どんなトレーニングをするの?

口の周りの筋肉が弱く、バランスが悪いと舌で前歯が押され、開咬(前歯が開いている)や上顎前突(出っ歯) あるいは反対咬合(受け口)といった不正咬合を引き起こすことがあります。
このような舌癖があると、矯正治療が順調に進まなかったり、矯正後の後戻りの原因にもなってきます。また、矯正装置を付けなくてもトレー二ングのみで不正咬合がある程度改善されることもあります。